スポンサーリンク

ひげ脱毛

施術クリニックを決めるにあたり(コスト他)

2019年1月31日

Pocket

これまでの支払い総額(2018/9/6時点)

私がSBCにて、これまでに支払った総額は

76,200円(A:49,600円+B:26,600円)

【内訳】

A:あご・あご下・口周り(全12回分):29,800円+19,800円(1万円割引券)

B:ほほ・もみあげ(全6回)+アレキ1回:19,800円(1万円割引券)+6,800円(初回3000P利用)

【施術効果】

私の場合、76,200円を支払い『ウルトラ美肌』による施術で『あご下』『口周り』に関しては、納得いく程度の脱毛効果を得られています。一方で『あご』に関しては、正直、目を見張った成果・効果は感じていません。やはりヒゲが濃く他よりも量も多いようなので仕方がないのかなと思っています。しかし、自分的には余り気にしていないポイントなので、そこまで不満だったり、損した気分にはなっていません。

『ほほ・もみあげ』に関しては、『ほほ』はそもそも稀に生える程度なので6回の施術が効いているのかが良く分かりません。一方の『もみあげ(正確には、もみあげ~あごに通じるフェイスライン)』に関しては、薄くはなった(みたい)のですが、7回の施術で完璧にヒゲを無くすレベルにまでは達していません。

【ディスカウント】

正規料金の29,800円(全6回)を支払ったのは1回だけで、以降の契約時は1万円割引を適用しています。運が良いのか、それとも病院側が次回契約のために発行しているのかは分からないのですが、コスト的には大変助かっています。SBCでは誕生月が近づくとバースデイポイント(1万円分・利用期間に制限45日間)を付与しています。仮にバースデイポイント利用しての『ほほ・もみあげ(全6回)』を追加すると、96,000円となります。SBCにおいても、顔全体(12回分)の施術料金が大体10万円になるので、以前記事にしたクリニックや他のクリニック等と余り変わらなくなる場合があります。

コストメリット以外も考えて

支払い価格的には大差がなくなる可能性があるので、価格以外の各人にあったメリット『予約のしやすさ(参考記事)』『通いやすさ』『自分のヒゲの濃さ(施術回数に影響する)』『施術方法』等を考慮してクリニック選んだ方が良いと思われます。

自営業を営んでいる私の場合は、平日11:00~15:00で時間取ることが出来たので、『ゴリラクリニック』を選んだ方がコスト的には得だったかもしれません。ただ、施術間隔が1ヵ月毎に取れず、2~3ヵ月とのこと(HP情報)なので、脱毛完了するまでにかかる時間が長くなってしまうデメリットも生じます。

東京イセアクリニック

スポンサーリンク