スポンサーリンク

ひげ脱毛

【脱毛6回目】湘南ウルトラ美肌脱毛(2018/4/10)

2019年3月7日

Pocket

ハズレ看護師

本日6回目(あご、あご下、口ひげは最後)のウルトラ美肌を受けてきました。やることは、これまでと同じです。本日の看護師さんは、前回、前々回と非常に対応の良い人があたったのもありますが、残念ながら今回はちょっと微妙、イヤ、ダメな人でした。

施術的にはレーザー照射しているだけですが、今日は痛みも随分ありました。ってか、激痛でした。ジェルの塗りと施術機器のあたり方、肌に接する時間なのかと思いますが、ガチ激痛でした。これまで★1つの痛さと書いていたのですが、そんな我慢できるような痛さではなかったので、★2つに増やさせて貰います。

出力数は教えてくれない

出力数を聞いたのですが、前回と同じとのことです。尚、¹出力数の詳細数値について、患者には教えられないと言われました。前回、前々回の人はその後レーザーの充て漏れ確認してくれましたが、今回の人はそう言った対応はありませんでした。照射後に当て漏れがあった場合の対応を聞いたのですが「自分は100%問題なくやっている」「レーザーが当たってない場合は、線上に髭が生えるので4週間以内に来い」とのことです。全部写真を残しているので、ドコまで当て漏れで、ドコまで効果なのかを知りたいので、次回(ほほ、もみ上げの最後)に聞いてみたいと思います。

1:出力数に関する補足

「それは法的に教えられないのか?」と聞いたところ、もごもごしながら「そうです」と言われた。どう考えてもそんなことないでしょうに。そもそも美容脱毛にしろ、医療行為をしているのだから、患者側に詳細を教えないことが許される訳ない。法律関係を調べると下記の通りである。

医療法 第一条の四-2

医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療の担い手は、医療を提供するに当たり、適切な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るよう努めなければならない。

【撮影2018年4月2日】

  

  

『ウルトラ美肌7回目』へ

スポンサーリンク