スポンサーリンク

ひげ脱毛

ブラジリアンワックス

2019年2月5日

Pocket

ブラジリアンワックス

ヒゲ脱毛とは違いますが、ブラジリアンワックスによる脱毛についての感想も書いておきます。

ブラジリアンワックスとは、どんなものか?って思う人もいると思いますが、簡単に言えば、ガムテープを体に貼って「バリッ!!」と剥がすアレと同じです。ガムテープの代わりにワックスを塗り、そのワックスを専用シートで押さえつけ、専用シートを「バリッ!!」と剥がすことで、ワックスごと体毛を抜くって算段です。これは皆さんの想像通り「痛い!!!」です。ただ、効果に関しては、想像以上の結果を得られます。ガムテープで同じことをしても、こーはいかないってくらいに体毛処理が出来ます。処置時間も短く、自分で行え、コストも安いです。

2種類のワックス

体に塗るワックスには2種類あり、ハードワックスソフトワックスがあります。

ハードワックス

ハードワックスはイメージ的には松ヤニのような感じです。ブラジリアンワックスの処置を行っている専門店ですと、ハードワックスを使っているお店も多いようです。理由としては、粘着度合いが高く、短い体毛にも効果が得られるからです。しかし、自分で行う時は正直使い辛いです。ハードワックスは一度体に付くと、松ヤニと同じで簡単には取れません。水で洗い流そうが、石鹸を使おうが、オイルを使おうが、本当に中々落ちないんです。更にハードワックスが付いた手で、例えばシャワーヘッド等を触ると、そっちにまでハードワックスが付いてしまい、これまた取れません。私はシャワーヘッドを買い替える事態になっています。自分で処理するときには、この粘着度が逆に扱い辛いです。

ソフトワックス

ソフトワックスはイメージ的にはハチミツのような感じです。実際、砂糖を煮詰め、水とレモン汁を混ぜて、自作のワックスも作ることも出来るようです。ハードワックスよりも粘着度合いが弱いようですが、自分で処置をするならば、ソフトワックスをお奨めします。その一番の理由は、水で簡単に洗い流せる点です。ワックスが体に残ったとしても、水で洗い流せば、全く問題ありません。効果に関しても、十分な効果が得られます。尚、粘着度が弱いからといって「痛くない」なんてことは、残念ながらありません。ワックスを剥がすときは、普通に「痛い」です。

効果に絶大!快適!!!

どちらのワックスを利用しても、得られる期間に大きな差はありません。その期間も個人によって違うのでしょうが、2週間から1か月程度は処理効果が得られると思います。私も夏の時期には、2,3か月に一度VIO処置しております。ワックス塗って、剥がしている姿は間抜けだし、痛い思いもしているのですが、終わった後はかなり快適です。この快適さもあり、数か月に一度は処置したくなってしまします。

コスト的にもハードワックス、ソフトワックス、どちらも値段は変わりません。アマゾンあたりで調べるとサイズやブランドの違いはありますが、大体3000円~5000円ってとこでしょうか?安さに釣られて1000円台のものを使ったこともありますが、粘度がいまいちで、ムダ毛への接着が良くなく「バリッ!」と剥がしたとき、痛い思いはしたけど、ムダ毛が取れないなんてこともありました。

ちなみに私が使っているのは、ANGELICA WAXの商品です。楽天、アマゾン等でも評判が良く、粘度も丁度良く毛が良く抜けやすいです。外国人の肌は日本人よりも強そうなイメージがあるので、日本製という点も利用しているポイントです。尚、アンジェリカは実店舗もあるのですが、残念ながら、女性専用のため、男性は施術を受けることは出来ません。

ANGELICA WAX ANGELICA WAX

 

 

スポンサーリンク