スポンサーリンク

ひげ脱毛

理論上の脱毛効果

2019年1月31日

Pocket

仮説計算してみた

今現在見えているヒゲは、ヒゲ全体の総数の15-20%とのことです。見えているヒゲに施術効果が100%あり、1回照射毎に15%ずつ減っていくならば、理論上6回照射すると、初めの段階と比べると60%以上のヒゲがなくなっています。しかし、逆説的に考えれば、40%近くは残っているので、6回照射程度では微妙にも思えます。脱毛施術を毎月1回、1年間行うと殆どヒゲの生えてない状況になるようです。

しかし、100%施術効果が得られるとは限らないので実際にはもう少し効果は薄いと思われます。更に、ヒゲの量が減ってくると施術効果が薄まるため、2か月や3か月に一度の施術を提案される可能性もあるため、1年でツルツルになるとは限りません。

計算結果

0回目の時を100とすると

1回目照射で85.00(このくらいだとまだ分からないと思われる)

2回目照射で72.50(30%くらいが消えるので、多少の実感があっても良いはず)

3回目照射で61.63(40%くらいが消えるので、実感があっても良いはず)

4回目照射で52.38(50%くらいが消えるので、流石に実感あるのでは?)

5回目照射で44.52(50%以上が消えるので、実感あって当然でしょー)

6回目照射で37.85(60%以上が消えるので、実感ないとか有り得ねーよ)

7回目照射で32.17(2/3以上が消えるので、流石に分かるわ)

8回目照射で27.34(もう30%も残ってないよ)

9回目照射で23.24(もう20%も残ってないのと変わらない)

10回目照射で19.8(髪の毛なら余裕で禿と言われる)

11回目照射で16.8(もはやヒゲ禿)

12回目照射で14.3(稀に一本ちょっろと生えている)

スポンサーリンク